divorce離婚問題

  • HOME>
  • 離婚問題

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 今のパートナーと離婚したいと思っている
  • 相手と顔を合わさずに離婚したい
  • 離婚するかどうか決めていないが、一度専門家に相談したい
  • 不倫したパートナーに慰謝料を請求したい
  • どのくらい慰謝料が請求できるのか知りたい
  • 親権や養育費のことで揉めている
  • パートナーからDVを受けている
  • 離婚のことを弁護士に相談したいが費用が不安

など

離婚問題で困った時は?

離婚をお考えの時は弁護士へご相談を

離婚をお考えの時は弁護士へご相談を

「離婚したい」「離婚しようか迷っている」というような場合には、天満橋・豊中にある藤原武士法律事務所へお気軽にご相談ください。
離婚の協議・慰謝料の請求や親権や養育費というお子様の問題など、離婚に際して様々な問題が起こることになりますが、法律の専門家である弁護士にご相談いただくことで1つ1つの問題に適切に対応することができるようになります。

相手と顔を合わさずに離婚することが可能です

ご夫婦によってはすでに夫婦関係が破綻していて「相手と直接話したくない」ということもあるかと思いますが、弁護士へご依頼いただければ代理人として相手側と交渉いたしますので、相手と顔を合わさずに離婚問題を前に進めることが可能です。

慰謝料請求、財産分与、年金分割、親権、養育費、面会交流など、様々な離婚問題にお応えいたしますので、お一人で悩まずにまずは弁護士へご連絡ください。

費用が不安な方へは法テラスをご案内

弁護士に離婚問題を相談したいが、弁護士費用が心配という方へは“法テラス”をご案内しております。
法テラスとは国が設立した司法援助機関で、経済的に困窮している方に対して、無料法律相談や弁護士費用の立て替えなどの支援を行っております。
こちらをご利用いただくことで、費用の不安を解消することが可能になりますので、ご希望の方はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

なお、当事務所では初回法律相談を無料で承っておりますので、まずはこちらをご利用ください。

離婚問題を弁護士に依頼するメリットは?

本人同士で話し合うよりスムーズ

本人同士で話し合うよりスムーズ

離婚問題はご夫婦の問題ですので、前向きに話し合おうとしても感情的になり前に進まないことがあります。
そうした場合、弁護士が間に入ることで冷静な対話が可能になり、離婚に向けて建設的に話し合えるようになります。

直接相手と交渉せずに済む

財産分与や慰謝料、親権、養育費などについて「相手と直接交渉しにくい」という方もおられるでしょうが、弁護士がいれば代理人として相手と交渉いたしますので、離婚に際しての交渉事のストレスから解放されることになります。

また、ご自身では直接相手に言いにくいこと、要求しにくいことも弁護士を介してしっかりと伝えることができます。

調停・裁判も見据えたサポートが受けられる

ご夫婦間の話し合いで離婚が成立しない場合、調停離婚や裁判離婚に発展することがありますが、弁護士がいればそうしたことを見越したサポートを受けることができます。
実際に調停・裁判に進んだ時も、ご依頼者様の頼れる味方として寄り添い、理想的な解決に向けてのサポートが受けられます。

離婚の方法は?

離婚の方法には“協議離婚”“調停離婚”“裁判離婚”という3つの方法があり、協議→調停→裁判の順を経て進行していくことになります。

協議離婚

ご夫婦間の話し合いで離婚を目指す方法です。
双方が合意すれば、離婚届を市区町村に提出するだけで離婚が成立します。
大半の夫婦がこの方法で離婚しています。

調停離婚

ご夫婦の協議で離婚がまとまらない場合、また相手が話し合いに応じてくれない場合、家庭裁判所に調停を申し立てて離婚を目指すことになります。
調停委員が中心となってご夫婦それぞれから話を聞き、離婚の合意や財産分与などの離婚条件について双方の意見を調整します。

裁判離婚

調停でも離婚がまとまらない場合、家庭裁判所に離婚の裁判を起こします。
離婚裁判を起こす場合、原則として事前に調停手続きを経ている必要があります。
また、民法が定めている離婚理由が必要になります。

裁判離婚に必要な離婚理由
  • 不貞行為(浮気・不倫)
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

よくあるご相談

FUJIWARA LAW OFFICE

天満橋オフィス
06-6484-9870

豊中オフィス
06-6398-9377

お問い
合わせ