negotiation示談交渉

  • HOME>
  • 示談交渉

交通事故の慰謝料・示談金の基準は?

自賠責・任意保険・弁護士(裁判)基準があります

交通事故の慰謝料・示談金を算出する際に使用される基準として、3つの基準があります。
3つの基準は次の通りです。

自賠責基準

自賠責保険で定められた、最低限の補償を目的とした基準です。
3つの基準のうち最も低額となります。

任意保険基準

各保険会社が独自に定めている基準で、自賠責保険よりは高額になるものの、弁護士(裁判)基準よりは低額となります。
通常、保険会社はこの基準をもとに算出した慰謝料・示談金を提示してきますが、弁護士にご依頼いただくことでこれを増額させることが可能になります。

弁護士(裁判)基準

裁判例をもとにした基準で、3つの基準のうち最も高額になるとされています。
弁護士に依頼することで、この基準を使って交渉することができるため、慰謝料・示談金が増額できる可能性が高まります。

弁護士に依頼して示談交渉してもらうと?

慰謝料・示談金アップが可能です

慰謝料・示談金アップが可能です

天満橋・豊中にある藤原武士法律事務所では、交通事故被害者の方からの様々なご相談を承っておりますが、特に多いのが慰謝料・示談金に関するご相談です。
「保険会社から提示された慰謝料・示談金が適正かどうか知りたい」
「提示された金額に納得がいかない」
「保険会社が言っているのだから、間違いないと思うが…一度専門家に相談したい」
このようなことでお悩みでしたら、お気軽に当事務所へご連絡ください。

これまで数多くの交通事故問題の解決にあたってきた経験豊富な弁護士が、保険会社から提示された慰謝料・示談金が適正かどうかチェックした後、不適正と判断した場合には弁護士(裁判)基準を用いて交渉して増額をはかります。

大手保険会社であったとしても、必ず適正な金額が提示されるとは限りませんので、そのまま鵜呑みにせずに一度弁護士へご連絡ください。

示談書にサインする前にご連絡ください

一度示談書にサインしてしまうと、よほど特別な事情がない限りやり直すのは困難です。
保険会社から示談書を受け取ったらすぐにサインするのではなく、一度当事務所へご連絡いただいて専門家のチェックを受けられることをおすすめします。

FUJIWARA LAW OFFICE

天満橋オフィス
06-6484-9870

豊中オフィス
06-6398-9377

お問い
合わせ